福岡県宗像市の歯科医院  つるた歯科医院 【一般歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニング】
ホーム > コロナウィルス(COVID-19)感染リスクを下げるために


 コロナウィルス(COVID-19)感染リスクを下げるために
投稿:
当院では
コロナ対策を出来る限り重点的
に行っております



スタンダードプリコーションの尊守

  1. 歯科診療にあたっては、全ての患者さんは何らかのキャリアとみなして、ラテック スグローブ、マスク、白衣などの個人防具を着用し、スタッフ一丸となり感染防御 に当たる。

  2. 患者さんごとに滅菌済みのタービンハンドピースや器具類を使用し、使用後は速やかに滅菌を行う。

  3. 全ての患者さんに対し、処置前に抗菌性洗口薬でのガラガラ嗽を求め、感染因子を減少する。

  4. タービンや超音波スケーラーの使用時には、バキュームや口腔外バキュームを使用する。

発熱患者さんへの対応


1. 4日間、37.5度以上の発熱が続いている患者さんに対しては、最寄りの保健所に設置されている「帰国者 接触者相談センター」に相談する。

2. 37.5度以上の発熱がある患者さんに対しては応急処置に限定する。 

3. 全ての患者さんに、速やかな帰宅を促す。


処置前の抗菌性洗口薬によるガラガラ嗽について

  1. ポピドンヨード液は多くのウィルスを不活化(死滅)させるため、イソジンやネオ ヨジンによる所定の濃度でのガラガラ嗽を求める。(ただし口腔内全体の感染因子 をなくすことはできない)。

  2. 日常的に使われる抗菌性洗口薬のエッセンシャルオイルのリステリン液は、エンベ ロープを有するインフルエンザウィルスを不活化させ、COVID-19にも有効と考えられる。しかし、抗菌性洗口薬に含まれるグルコン酸クロルヘキシジン(CHX)と塩化セチルピリジウム(CPC)の短時間でのウィルス不活効果は低い。

  3. 水での嗽はポピドンヨード液に比べて風邪にかかる率が低かったとの研究報告もあるが、歯科治療中の感染予防リスクを低下させるためには抗菌性洗口液使用が有効である。

診療室の頻繁な消毒と診療室を離れる際の消毒


1. エンベロープを有するCOVID-19は、70%消毒用アルコールで不活化するため、ユ ニットをはじめとする周囲環境に噴霧や清拭をする。

2. 診療室を離れる際は、その都度、アルコール系擦式手指消毒による手指の消毒と 70%消毒用アルコールを白衣に噴霧する。


上記のことを基本として十分注意して対応しております。

また予約の人数も少なくし、密を避ける。

他にも定期的な窓を開けた換気(空調完備により24時間換気)をおこなっています。


今後は国の方針によっては色々と患者さんにご不便をおかけしてしまうかもしれません。何かありましたら感染防止のためにも電話での相談をお願いします。

受付でのアンケートや検温、手洗いうがい、アルコール消毒

のご協力をお願い致します。


2020年4月9日(木)

<< 歯周病勉強会
2020.1.27
オンラインで、、、 >>
2020.4.23



はじめのページに戻る



つるた歯科医院
〒811-3425 福岡県宗像市日の里5-5-1
0940-37-0062

Copyright (c) Tsuruta Dental Clinic All Rights Reserved.