福岡県宗像市の歯科医院  つるた歯科医院 【一般歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニング】

先生とスタッフのブログ



 コロナウィルス(COVID-19)感染リスクを下げるために
投稿:
当院では
コロナ対策を出来る限り重点的
に行っております



スタンダードプリコーションの尊守

  1. 歯科診療にあたっては、全ての患者さんは何らかのキャリアとみなして、ラテック スグローブ、マスク、白衣などの個人防具を着用し、スタッフ一丸となり感染防御 に当たる。

  2. 患者さんごとに滅菌済みのタービンハンドピースや器具類を使用し、使用後は速やかに滅菌を行う。

  3. 全ての患者さんに対し、処置前に抗菌性洗口薬でのガラガラ嗽を求め、感染因子を減少する。

  4. タービンや超音波スケーラーの使用時には、バキュームや口腔外バキュームを使用する。

発熱患者さんへの対応


1. 4日間、37.5度以上の発熱が続いている患者さんに対しては、最寄りの保健所に設置されている「帰国者 接触者相談センター」に相談する。

2. 37.5度以上の発熱がある患者さんに対しては応急処置に限定する。 

3. 全ての患者さんに、速やかな帰宅を促す。


処置前の抗菌性洗口薬によるガラガラ嗽について

  1. ポピドンヨード液は多くのウィルスを不活化(死滅)させるため、イソジンやネオ ヨジンによる所定の濃度でのガラガラ嗽を求める。(ただし口腔内全体の感染因子 をなくすことはできない)。

  2. 日常的に使われる抗菌性洗口薬のエッセンシャルオイルのリステリン液は、エンベ ロープを有するインフルエンザウィルスを不活化させ、COVID-19にも有効と考えられる。しかし、抗菌性洗口薬に含まれるグルコン酸クロルヘキシジン(CHX)と塩化セチルピリジウム(CPC)の短時間でのウィルス不活効果は低い。

  3. 水での嗽はポピドンヨード液に比べて風邪にかかる率が低かったとの研究報告もあるが、歯科治療中の感染予防リスクを低下させるためには抗菌性洗口液使用が有効である。

診療室の頻繁な消毒と診療室を離れる際の消毒


1. エンベロープを有するCOVID-19は、70%消毒用アルコールで不活化するため、ユ ニットをはじめとする周囲環境に噴霧や清拭をする。

2. 診療室を離れる際は、その都度、アルコール系擦式手指消毒による手指の消毒と 70%消毒用アルコールを白衣に噴霧する。


上記のことを基本として十分注意して対応しております。

また予約の人数も少なくし、密を避ける。

他にも定期的な窓を開けた換気(空調完備により24時間換気)をおこなっています。


今後は国の方針によっては色々と患者さんにご不便をおかけしてしまうかもしれません。何かありましたら感染防止のためにも電話での相談をお願いします。


口腔外バキュームの増設


口腔外バキュームとは?

患者さんのお口の外側で使用する、大きな吸引装置のことです。
 
口腔外バキュームは、治療中に飛び散る唾液や血液、義歯・入れ歯・歯科素材を調整する時に発生する削りカス、金属の破片を吸い込みます。
 
さらには感染の恐れのあるウィルスまで吸引し、空気中への浮遊を阻止します。
 
そのため、感染予防対策には有効な装置として、厚生労働省にも導入を推奨されています。

 
 

口腔外バキュームのメリット

現在は歯科医療が進化し、高度な治療を行うが故にミクロン単位の粉塵が診療室に舞っていることも少なくありません。
 
歯垢に含まれた菌に肝炎ウィルスやヘルペスウィルスなどが混入していた場合でも、口腔外バキュームを使用すると、99%まで除去できます。
 
口腔外バキュームは、院内感染を防止するために、非常に有効な機器なのです。

 
 

診療空間を快適にします

治療中にお口の中へ、先が細い吸引機を入れられることがあると思いますが、あれは口腔内バキュームといいます。口腔内バキュームの普及率は100%で、歯科医院には必ずあるものです。
 
口腔外バキュームはお口の中ではなく、患者さまのお口元の外側で吸引することによって、有害な物質をいち早く取り除き、診察室をクリーンな環境に保ちます。
 
また、治療中に水しぶきが掛かかる、嫌な臭いが発生するといったことも回避できます。より快適な環境での治療が可能です。

 




受付でのアンケートや検温、手洗いうがい、アルコール消毒

のご協力をお願い致します。



2020年4月9日(木)

 歯周病勉強会
投稿:
福岡の天神でご開業されている木村先生の勉強会に参加してきました。
沢山の優秀な先生方の症例を見ることが出来、考察もできました。
今週も頑張っていきましょう!!


2020年1月27日(月)

 これからのデジタル歯科医療 SK-U勉強会 in KUMAMOTO
投稿:
熊本の勉強会に参加してきました。
これからデジタルなど歯科の業界にもどんどん普及していくことが予想されます。
しかしながら、アナログが良いこともあり、それぞれの特徴を理解し使用していかなければなりません。
デジタルの技術も進歩が著しいですが、細かいとこをつくと良い面悪い面があります。徐々にいいところを取り入れていけたらと思い勉強してきました。



2020年1月22日(水)

 訪問診療 高齢者の患者さんへの対応とこれから SONY勉強会 
投稿:
衛生士さんと仕事終わりに、訪問診療と高齢者の患者さんに対する治療、予防に関する講義を受講してきました。
より良いクリニックにしていくために、エビデンスに基づいた治療、最新の信頼できるデータを参考に治療していきたいと思います。
今後もよろしくお願い致します。


2020年1月21日(火)

 むなふ勉強会
投稿:
今回は小児の矯正治療の勉強会をしていただきました。
レントゲンを撮影するとかなりの情報を得ることが出来、大人の歯が生えて来るかなど将来の歯並びなど予測することが出来ます。癖など(例えばベロの動きなど)は歯並びにも影響したりします。お子様のことで少しでも気になることがあればご相談ください。


2020年1月20日(月)

 九州大学学術講演会
投稿:
平日にも関わらず多くの先生が参加されておりました。
今回のテーマは再生医療!!
基礎、歴史、臨床応用と再度復習することができ、より知識が深まりました。
「歯が揺れているから抜歯」「骨がないから抜歯」と言われたけど、残せるなら残したいなどお悩みの方は一度ご相談ください。条件によっては残すことが可能な場合もございます。

※その際は診査診断がとても重要になってきます。絶対に残せるというわけではございません。



2019年11月28日(木)

 むなふ勉強会
投稿:
地域に密着した先生達との勉強会に参加してきました。各々の専門分野の先生と連携して治療を行い、患者さんにベストな治療を行える環境を作っていき少しでも健康に貢献できたらと思います。



2019年11月19日(火)

 症例検討会 講演会
投稿:
座長をさせて頂きました。貴重な経験になりました。
ケースプレゼンテーションはかなりの勉強になりますね。これからも精進致します。

2019年10月21日(日)

 プレミアムセミナー
投稿:
先日、東京で開催されたプレミアムセミナーに参加してまいりました。やる気溢れる先生方が全国から集まっていて、とても刺激になりました。

2019年11月12日(火)

 第49回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 優秀論文賞受賞
投稿:
第49回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会にて
優秀論文賞を受賞しました。
このような賞を頂けて大変光栄に思います。日々、研鑽を重ねていきたいと思います。



2019年9月27日(金)

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 最初 次のページ>>

現在4ページ目を表示しています



つるた歯科医院
〒811-3425 福岡県宗像市日の里5-5-1
0940-37-0062

Copyright (c) Tsuruta Dental Clinic All Rights Reserved.